大津波では救いがたい

思考の総括と分解

初音ミクとP-MODEL(カバーを二つ作りました)

どうもお久しぶりです、航路通です。

聞いた話によると友人の父親がこのブログのウケた記事(『ララランド』のやつ)をたまたま読んでおり、友人に向かって「お前もこういうのを書いたらどうだ」と言ってきたらしいです。そんな数奇なこともあるんですね。そして僕ならそんな父親は嫌だ。

すっかり忙しくなってブログを書けておりませんでした。長い文章を連続して書いていたので少しハードルを上げてしまったようですね。また思いついたら書きたいと思いますが、というわけで今日は短い記事というか告知です。

 

実は"Paraglass"というバンド(というかユニット?)をやっておりまして、一曲録音ができたのでお知らせしておきます。

P-MODELの"Zebra"のカバーです。打ち込み、歌、ギター、ベースなど…まあ大半僕ですね。ちょっとハリキッテ歌いすぎたので恥ずかしい出来となっておりますが、まあこのようなものかと納得しております。

soundcloud.com

 

P-MODEL - Zebra (One Pattern) - YouTube (原曲です)

打ち込み自体はここ一年から半年ほどやっておりますが、歌など入れて作ったのは初めてです。音量バランスなどごちゃっとしてしまいました。

個人的には、普段音楽を聴くときのように作業の合間や通勤の際に聞くような音楽が作れたらと思うのですが、その意味では"Zebra"は暑苦しいのでちょっと疲れるかもしれませんね。しかし、出来としてはそれなりにうまくできたという感じです。

感想など、ツイッターでお待ちしております。

 

 

あともう一曲あります。これはバンドとは関係ないのですが(Paraglass名義で上げてしまいましたが)、初音ミクをひょんなことから入手しまして、打ち込みの練習としてクラフトワークのカバーを作りました。

soundcloud.com

Kraftwerk - Dentaku - クラフトワーク - 電卓 - YouTube (原曲です)

こっちはサラッと聴けるんじゃないかなと思いますね。まさにこれがテクノだという出来…になってます。ボーカロイドは長く聞いていなかったのですが、やはり使うだけで一定の説得力がでますね。まだやや扱いづらさはありますが、声は可愛いと思いますし、あと今は色々な声がデフォルトで出せるようになっているんですね。この曲もいろいろな声色を使ってみました。

よく昔は初音ミクを人のように扱って「調教」とか「マスター」とか「プロデューサー」とかなんとか言っていたものです。しかし僕の場合は初音ミクを複数人使ってコーラスを厚くする方が好きなようですから、気分的には「たった一人のかけがえのないパートナー」ではなくて「サーカスの団長」のような感じでした。ミクちゃん、クールですね。

 

もちろん一日に両方作ったわけではないのですが、たまたまこの二曲が同日に完成したので、ゼブラとデンタクを同時にアップロードすることになってしまいました。両方聴いていただいた方、ありがとうございます。耳が疲れたと思います。

気分的にはこんな感じです。

 

 

f:id:satodex:20170903142507j:plain

 

検索したら結構あるもんですね。縞馬柄の電卓。

 

今度はオリジナルをアップロードできればいいな。

さようなら。